レッドブルスタジオ:東京

I Am Ryan Greene

90年代のパンク・ロック・ミュージックのサウンドは、プロデューサー/ミキサー/エンジニアとしてしられるライアン・グリーンよって定義されたと言っても過言ではありません。彼はMegadeth、Cheap Trick、Tonic、NOFX、Lagwagonなど、時代の最も大きなバンドの多くと協力して、ジャンル全体のサウンドを生み出してきました。2015年、日本のバンドNAMBA69はRed Bull Bands of the Bandsコンテストで優勝。Red Bull Studios Tokyoで次のアルバムを制作することになりました。バンドのフロントマン難波章浩は自身の前バンド、ハイスタンダード時代からFat Wreck Chordsのライアンを知っていたので、NAMBA69の次のアルバムのレコーディングは彼にお願いしたいと考えていました。ライアンは依頼を受けRed Bullでレコーディングとミキシングのために1週間という期間限定で来日。Strategy SETはライアンのレコーディングスケジュールが詰まっていて、日本での滞在時間が限られていたことを知り、バンドのアルバムの作成を記録するだけでなく、Ryanが忘れられないような日本文化体験を提供しました。

Share this: